実印っていつ買うの?いつ使うの?象牙印鑑ってすごい?

実印っていつ、なんのためにつかうのだろうか、どのタイミングで買うのかと疑問に思いながら自分にはあまり関係のない話かなと思いながら20歳後半まで生きてきました。そんな中で突然実印を手に入れる機会がありました。

きっかけは結婚式の写真を撮影にいったときです。母親が進めた式場にいったのですが、母親はその式場のグループ会社のなにかの積み立てをしていて、その特典として実印をプレゼントというものがありました。よくわからないサービスなのですが、せっかくなので頂きました。

素材は象牙らしいのですが、いいものかどうかもわかりません。素材ってなんでもいいのでは?と思いながらも無料なのであまり気にしておりません。もらってからその後、実印っていつ使うのだろうと思いながら、しばらく押入れに置きっぱなしにしておりました。

とうとう実印を使うときが来ました。来るときは突然でした。自動車が壊れてしまったのです。ですので自動車の買い替えです。この自動車は実家からもらったものでしたので、初めて自分で購入することになりました。

自動車ってどうやって買うのかわからないまま、ディーラーにいって、色々と教えてもらいながら、話を進めていると契約時に実印が必要だと教えてもらいました。ここで使うんだと思いました。実印ありますよと、冷静に対応できてよかったと思いました。

このころになると印鑑の質も少しわかるようになっていたので貰った印鑑の素材が象牙であることを誇らしく思いました。やはり象牙は印鑑の王様と言われるだけのことはあり、貫禄があります。

これは後から調べてわかったことなのですがこの象牙の印鑑は芯持と言われるもので象牙の中でも質の高いものだったようです。

今では実印の大切さを心にとめてこのすばらしい象牙印鑑を大事に使っています。みなさんも実印を作ることがあれば是非、象牙の印鑑を作ってみてください。

象牙印鑑を買うならここで探すと信頼できるショップが見つかると思います→印鑑 象牙

ご参考まで。
 

授業参観

新学年になってから初めての授業参観がありました。子供のクラスの先生は新任の女の先生でした。初めて授業の風景を拝見したのですが、本当に今春大学を卒業して先生に着任したということを知り驚きました。とても熱心で、純粋そうな雰囲気の女性でした。私の方が断然年上で、ちょっと不思議な感じもしましたがその熱心さは...

...続きを見る

遠足

新しい学年が始まりまだまだ息子は落ち着かない様子です。なかなか慣れるのに時間がかかるタイプではあるだけに私も少し心配をしていました。そんな中、遠足の日を迎えようとしていたのですが残念なことに雨が前日から降り続いていたのです。「明日は雨だよ~、遠足延期だと思うよ~。」と一応心の準備をさせておこうと思い...

...続きを見る

遠足

もうすぐ子供の遠足の日です。そういえば私が小学生のときもおやつを持っていける遠足が楽しみでした。300円までと決まっているようですが、「先生、バナナはおやつですか~?」という質問が何度も出たものです。今回も300円でおやつを買わなければなりません。息子に選んでもらおうと思い一緒にスーパーに行きました...

...続きを見る

< 前のページ 1 / 1 次のページ>

サイト内更新情報